湿疹の原因って?【全身にできた湿疹の原因を徹底解説!】

スポンサーリンク



湿疹の原因 【湿疹の原因はさまざまです】

湿疹の原因と言ってもさまざまな因果関係があります。

 

 

湿疹・皮膚炎を引き起こすきっかけとなる原因には、原因がはっきりわかっているものも、わからないものもあります。
しかし、皮膚炎が、ひどい乾燥や皮膚をひっかくこと、炎症を起こす物質、アレルゲン(アレルギー誘発物質)などに対する皮膚の反応であるという点は共通しています。

 

皮膚は薄い一枚の皮のようにみえますが、表皮、真皮、皮下組織の3つの層からできています。
一番外側の表皮は、日光(紫外線)、ほこり、細菌、ウイルスといったさまざまな異物から体を直接保護しています。

 

きっかけとして、疲労や精神的ストレスなどの関与も指摘されています。

 

湿疹の原因とひとことに言っても色々な因果関係があります。

 

 

ストレスが過剰に掛かると自律神経が乱れ様々な症状が現れますが、血行不順もその一つに挙げられます。

 

ストレスは色々な体調不良を引き起こしますよね。
ニキビ、頭痛、倦怠感、抜け毛、うつ病…実は湿疹もお仲間なんです。

 

ストレスを上手に処理し、なるべくイライラしないよう心がけましょう!

スポンサーリンク



 

 

 

汗疱という湿疹なんですが、この原因は、汗に含まれる金属に、体がアレルギーを起こしているのだそうです。

 

大豆製品(豆腐、豆乳、納豆など)を食べると、大豆に含まれている微量のコバルトという金属が、汗と一緒に体外に排出されるそうです。

 

皮膚は人体における排泄器官でもあるのです。

 

体内に毒素がたまり他の怖い疾病になる前に皮膚に湿疹や炎症、吹き出物として毒素を排出させるわけです。

 

湿疹が起こる原因はいろいろあり、刺激の強いものに触ったときや、食べ物や特定のものへのアレルギーを持つ人がそのものを食べたり触ったりすることなどです。

 

皮がむけたあとに、洗剤などで手荒れを併発することもあります。

 

 

 

 

乾燥する冬には特に辛い症状となる手湿疹。

 

指や手がカサカサして乾燥した状態になり、それにかゆみを伴う湿疹ができます。

 

徐々にそれらが重なり合っていき、赤い斑状になります。かゆみを伴い、かくと汁が出たり、自然にジュクジュクしてきます。赤い斑は時間が経つとかさぶたになり、かゆみも強くなります。

 

 

経皮毒とは、手湿疹の原因の一つとされている、皮膚などの粘膜から体内に吸収される有害な物質のことです。

 

日常で使用している、洗剤、シャンプーやリンスなどには有害な化学物質が含まれています。

 

少しでも乾燥させないようにするためには、『保湿』が重要になるのです。
いつもどんな時でも、手の潤いを低下させないように保湿を心掛けることが、手湿疹での“かゆみ”を起こさないために大切なことです。

 

生活に使う石鹸や洗剤なども刺激の少ないものを選び、
家事をする際には手袋をするなど外部からの刺激を受けないように心掛けることも良いでしょう。

スポンサーリンク